お知らせ・最新医療情報

メールマガジンのご登録

お知らせ・最新医療情報

お知らせ・最新医療情報

2013年10月01日

【DMD】 GSKおよびProsensaが、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬drisapersenの第3相試験において、主要エンドポイントに 達しなかったと報告

2013年9月22日金曜日 ロンドン(英国)、ライデン(オランダ)

GSK(GlaxoSmithKline)社およびProsensa社は、GSKの行っているデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬 drisapersen(アンチセンスオリゴヌクレオチド治験薬)の第3相試験において、主要エンドポイントである6分間歩行(6MWD)の 結果では、プラセボと比較して統計学的に有意な改善は見られなかったと発表しました。

詳細は以下のリンクをご覧ください。(英文)
http://www.gsk.com/media/press-releases/2013/gsk-and-prosensa-announce-primary-endpoint-not-met-in-phase-iii-.html

投稿者:Remudy/神経・筋疾患患者登録